フケのタイプは2種類。体質から見分ける方法とは?


 

こんにちは、mariです。

あなたのフケは乾性フケですか?それとも脂性フケですか?

 

簡単な見分け方はこちらの記事で紹介したとおりです。

>>あなたはどっちのタイプ?乾性フケと脂性フケの見分け方

 

この記事で紹介したのは症状から見分ける方法だけど、どちらの症状にもあてはまっていて、見分けられない(>_<)っていう人。

 

たとえば、頭皮がカサカサしてるのに湿ったフケが出る。

細かいパラパラのフケだけど、黄色っぽいかたまりのようなフケが出ることもある。。。

 

こんな人は、自分の体質から見分ける方法もあるんですよ。

 

顔や体にこんな症状出てない?乾性フケが出やすい体質

 

同じ「フケ」という症状なのに、乾性と脂性は真逆の性質ですよね。

 

人の体質は頭皮だけじゃなく、体全体に出るものです。

頭皮に表れた症状では判断できなくても、頭皮以外の部分に表れた症状で乾性か脂性か判断できることがあるんですよ。

 

たとえば乾燥肌の人。

こういう肌質の人はおそらく乾性フケですよね。

 

じゃあ、自分の体質(肌質)が乾燥肌かどうかはどうやって見分けるの?

 

乾燥肌の人の特徴

顔に髪が触れるだけでかゆい

腕や脚(特に膝下)にひび割れを起こしている

白い粉をふくことがある

洗顔後顔がつっぱる

 

どうですか? あてはまりますか?

 

乾燥肌は圧倒的に女性に多いです。

 

乾燥肌でフケが出ている人は「乾性フケ」。

乾燥が原因なので、真菌をやっつける「フケ用シャンプー」を使っても、はっきり言って意味がないです。

 

乾性フケの人は、「頭皮の保湿」というアプローチで行きましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

頭皮用の美容液を使うと手っ取り早いですね♪

 

>>めっちゃ売れてる!頭皮トラブル専用美容液

 

 

脂性フケが出やすい体質とは?

 

脂性肌の人。

これは脂性フケの可能性が高いですよね。

 

脂性肌の人の特徴

顔がテカテカ・ギラギラしている

メイクが崩れやすい

ニキビができやすい

洗顔してもすぐにテカる

 

どうですか? あてはまってますか?

 

割合で言うと男性の方が多いけど、女性でも脂性肌の人は結構います。

あと、思春期なんかはまさに脂性肌になっちゃうときですね。

 

 

脂性肌の人がなりやすいのが「脂漏性皮膚炎」

 

頭皮に脂漏性皮膚炎を発症すると、フケのように頭皮の皮膚がポロポロはがれ落ちてきます。

赤みをおびてきて、汁がでたり、かさぶたになることも(>_<)

 

脂漏性皮膚炎は、頭皮だけじゃなくて顔に出てくることもあるんですよ。

特に出やすいのが、

髪の生え際
WS000527

眉毛・眉間
WS000531

耳のまわり
WS000530

鼻の周り
WS000529
※さいとう皮膚科クリニック、細谷皮膚科クリニックHPより

 

フケに悩んでいる人で、顔にこういう症状が出てる場合は、脂漏性湿疹の可能性が高いです。

 

 

脂性フケ、脂漏性皮膚炎の人にはこのシャンプー

 

脂性肌でフケが出ている人は「脂性フケ」。

このタイプのフケは、皮脂が多すぎてマラセチア菌という真菌が増殖してしまったのが原因です。

 

長期的には皮脂の分泌を抑えていくことも大事なんだけど、とりあえず手早くフケを治すには、真菌の増殖を抑えることがポイントです。

 

ミコナゾール硫酸塩やピロクトンオラミン(オクトピロックス)といった有効成分が配合されたフケ用シャンプーを使いましょう。

 

>>皮膚科医もおすすめ!ミコナゾール硫酸塩配合のシャンプー

 

ただの脂性フケじゃなくて、脂漏性皮膚炎まで行ってしまった場合は、皮膚科でお薬を出してもらった方がいいですよ。

 

でも、脂漏性皮膚炎もマラセチア菌の増殖が原因なので、お薬を塗りつつ、シャンプーは有効成分が配合されたフケ用シャンプーに変えた方がいいですね。

 

たぶん、皮膚科でもこのフケ用シャンプーを勧められるはず(*ゝ∀・)

 

>>皮膚科医もおすすめ!ミコナゾール硫酸塩配合のシャンプー

 

 

コメントを残す