フケに良い食品・フケに悪い食品


こんにちは、mariです。

フケと食事、関係なさそうですが、意外と普段の食生活が原因でフケ体質になってしまっている人もいるんです。

毎食気を付けるのは難しいけれど知識として頭の隅に入れておくと食事を作る際のちょっとした心がけでフケを改善することができるかもしれない(^_-)-☆

 

そこでフケと食品の関係を調べてみました。

 

意外と食べてる!? フケにNGな食品

 

フケの原因となる食品ってあるんですよ。

しかも意外と頻繁に摂取している人が多いので要注意です。

フケにNGな食品

砂糖、アルコール、炭水化物

コーヒー、紅茶

脂っこいもの

 

これらはマラセチア菌の増加に繋がる食品で、ビタミンを大量に消費させてしまうんです。

くれぐれも摂りすぎには気を付けましょう(^^)

 

 

フケ予防にいい食品は?

 

フケの予防に摂取するとよいのがこういう栄養素。

フケ予防になる栄養素

亜鉛、ビタミンB、ビタミンA、ビオチン

 

フケや脂漏性皮膚炎などで皮膚科を受診されると処方されるのが、ビタミンB2とビタミンB2なのでこの2つは特に摂取を心掛けたいです(^^)b

では、ビタミンB2とB6ってどんな食品があるんだろう…。

 

 

フケ解消と若返り!? ビタミンB2のスゴイ効果

 

ビタミンB2は肌の健康に欠かせない栄養素です。

 

 

皮膚(頭皮も)や毛髪の再生、皮質の代謝を促す効果があるんです。

フケの中でも、特に脂性フケの人は、皮脂が過剰に分泌されて頭皮があぶらっぽいとおもいます。

ビタミンB2には皮脂の分泌を適切にコントロールする働きもあるんですよ。

 

ビタミンB2の摂取目安は男性で1日1.6mg、女性で1.2mgといわれています。

ビタミンB2をたくさん含む食品は

1位 豚レバー

2位 牛レバー

3位 焼きのり、味付けのり

4位 鶏レバー

5位 インスタントラーメン

 

 

女性には特に必要とされているレバーが上位を占めています。

苦手な人も多いのですが、その栄養の豊富さは断トツなんです。

 

インスタントラーメンっていうのはちょっと意外でしたね( ̄∀ ̄;)

含むというよりは、ビタミンB2が配合されてるんでしょうか。。。

 

唐辛子や青のりも良いとされていますので調味料として取り入れてみるのもGOODです(^^)

 

 

ビタミンB6は摂りすぎくらいで丁度いい??

 

ビタミンB6は美容と健康に欠かせない栄養素です。

こちらも、頭皮の皮脂量を整えてくれる性質があります!

 

ただし、ビタミンB6は水溶性ビタミン(水に溶ける性質)なので、水に溶け込む性質があるんです。

なので、たくさん摂取しても尿中に排泄されてしまいがち。

摂りすぎの心配はないっていう点は安心だけど、体の中でためておくことができないので、こまめに摂取することがポイント!

 

 

成人男性で1日1.4mg女性で1.2mgは最低でも摂取したい推奨量となっています。

ビタミンB6をたくさん含む食品は

1位 にんにく

2位 まぐろ(びんなが)

3位 酒粕

4位 牛レバー

5位 まぐろ

 

 

なるべく新鮮なうちに摂取することが大切です。

でも、いずれも普段摂取しにくいものが多いですよね~(´・_・`)

これをこまめに摂取しろって言われても。。。

 

上記のほかだと、納豆やひき肉、アボカドなども多くふくまれていますし、

ごまや抹茶、豆乳なんかも調味料として利用するといいですよ♪

 

 

食事が無理ならサプリでもOK!

 

フケにいいのはわかったけど、毎日の食事でビタミンB2やB6を摂取できる自信がない(*_*;

ムリムリ・・・っていう人。

私もその一人なんですが・・・その代わり私はサプリメントで摂取してます!(^^)!

 

ツルリBBっていうサプリなんですが、飲み始めて2週間くらいから少しずつ体に変化を感じるようになってきました。

%e3%83%84%e3%83%ab%e3%83%aa1-1

1カ月たった時には頭皮のかさつきが気にならなくなっていたうえに、便秘も解消されお肌の化粧のりもよくなってきた感じ♪

サプリだから即効性は期待できないけれど頭皮だけでなく、体の健康にもいいみたいo(^.^)o

食事での摂取が難しい人はぜひ試してみるといいですよ(´▽`)ノ

 

 

 

コメントを残す