めっちゃフケが出てるけど皮膚科に行けない・行きたくない!!


こんにちは、mariです。

 

フケがひどくて困っている・・・でも

「時間がなくて皮膚科に行けない」

「ステロイドを使いたくないから皮膚科に行きたくない」

そんなことってありませんか?
さて、そんなときに自分自身でできることってあるのでしょうか?

 

皮膚科でのフケの治療ってどんな感じ?

 

皮膚科では、どのようにしてフケに対する治療が行われているのでしょうか?

まずは、そこのところからご紹介していきたいと思います!

ws000595

 

皮膚科での診察では、フケを採取して顕微鏡で調べるところから始まるんです。

そして次に・・・調べた結果にもよりますが、多くはステロイド剤・抗真菌剤など塗り薬・内服薬を使っての治療になります。

 

頭がかゆくて仕方ない場合は、かゆみ止めを処方されることもありますし、ビタミン剤や保湿ローション(クリーム)などが処方されることもあります。

 

ただ、薬だけでは治らないこともあるので、治療が長期化する可能性も視野に入れておいてくださいね。

 

シャンプーなどを含め日常の生活習慣などからフケが生じることもあるので、細々としたことは医師と相談しながら進めていくことになります。

 

 

自分でフケの原因を見極められる?

 

フケには、大きく分けて2種類あるって知ってましたか?

まずは、それぞれのタイプと特徴をご紹介しますね!

 

乾性フケ

頭皮が乾燥することで発生するフケのこと。
白くパラパラと落ちるという特徴がある。

脂性フケ

皮脂の過剰分泌が原因で発生するフケのこと。
ベタベタとして頭皮に貼り付くという特徴がある。

 

頭皮が乾燥すること、皮脂が過剰分泌することに関しては、病気も含め様々な原因があるんですけど、フケそのものに関ししていえば、この2タイプということになります。

 

自分で自分のフケタイプを見極めることができるなら、皮膚科に行かずとも自分自身でケアすることもできますので、まずはフケの種類を調べることから始めてくださいね。

 

あなたはどっちのタイプ?乾性フケと脂性フケの見分け方

 

乾性フケを自分で治す方法

 

乾性フケの原因は頭皮の乾燥によるものです。

ということは、簡単にいってしまえば頭皮を保湿すればフケは治るということですよね。

 

わたしも乾性フケで悩んでたので、いろいろ保湿方法を試しました。

ホットタオルやオイルなどでのケア方法など、頭皮を保湿する方法っていろいろあるんだけど、どれもワリと手間がかかって面倒くさいものが多いんですよね~( ̄д ̄)

 

1~2回試してみて、結構効果もあったりするんだけど、継続することができない。。。

 

頭皮の乾燥って、そんなにすぐに改善するものじゃないから、こまめなケアを継続することが大事なんですよね。

 

そんな中、毎日苦にならずに続けられる方法を見つけたんです!!

それが「すこやか地肌」を使ってのケア!

クリップボード01

 

すこやか地肌って、頭皮の乾燥に悩んでる人からの評判がすっごくいいんですよ。

本当にフケが治るの?「すこやか地肌」購入者(&わたし)のレビュー

 

こちらの記事でも、すこやか地肌のことを紹介しています。

わたしはこれでフケが治った!乾性フケを治す4つの方法

 

 

脂性フケを自分で治す方法

 

脂性フケには、脂性フケ用のケアが必要となります。

 

「乾性フケ」とはまた全然ちがうアプローチになるので、間違って「乾性フケ」と同じケアをしないように気をつけてくださいね。

 

脂性フケを治す方法はこちらの記事で紹介したので、チェックしてみて♪

まず1番にこれを試して!脂性フケを治す方法

 

上記の記事で紹介している、即効性のスゴいフケ用シャンプーが
コラージュフルフルネクストシャンプー

WS000501-2

 

口コミを調べても、即効性が本当にスゴイってことがよくわかります。

本当にフケが消える?コラージュフルフルネクスト購入者のレビュー

 

「乾性フケ」の場合は、すぐに治るってことはあまりなくて、こまめなケアを長期的に続けていくことが大事なんだけど、「脂性フケ」の場合は、有効成分がぴったり自分のフケにはまれば、1日でフケが消えるなんてこともざらにあるんですよ。

シャンプーを変えて1日で治るなんて夢のよう゚゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

 

 

自分でケアしたけどフケが治らないときは

 

フケのタイプは先にも述べたように2タイプあるわけですが、中には何とも微妙でどちらのタイプか見極めが付かない・・なんてこともありますよね。

まぁ・・ハッキリわかればいいんですけどね、専門医でなければわからなということもあるんです。

 

だから、もしも「自分のフケタイプがよくわからない・・」というのであれば、無理して自分でケアしようなどと考えずに皮膚科に行くようにしてください。

もしかしたら、ただのフケではなくて何か他の皮膚病・・なんて可能性もあるわけですから。

 

皮膚科に行くとなると心配なことが一つ・・それはステロイド剤の使用

ステロイド剤の副作用は多く報告されていてその症状も様々という状況にありますが、それはあくまでもステロイド剤を長期間使用した場合のことです。

ステロイド剤は、短期間の使用であれば決して危険な薬ではないんです。

 

効率良く治療するには、時にはステロイド剤も必要なのです。

 

不安なことは医師と相談すればいいので、もしも、自分で面倒みきれないフケであったのなら皮膚科に行くことをおすすめします。

もし、「時間がなくて皮膚科に行けないんだけどぉ・・」という場合は、どこかでうまく時間を作りましょう(とはいっても難しいかもしれませんが・・)。

ひと昔前と違って、今はスマホ等で予約可能な皮膚科もありますし、土日祝日対応の皮膚かもありますよ。

 

 

コメントを残す