フケを防ぐ!正しいシャンプー方法のポイント5つ


こんにちは、mariです。

フケが出てると何日も頭を洗ってない人みたいに思われちゃうけど、実はめっちゃがんばって毎日きれいにシャンプーしてるんですよね~(。>д<)

でも、そのシャンプー方法が間違っていたとしたら?

 

あなたは正しいシャンプー方法で洗えていますか?

 

フケの症状に合ったシャンプー剤を使っていますか?

 

フケには大きく2つのタイプがあります。

乾性フケと脂性フケです。

 

どちらのタイプのフケかによって、使うべきシャンプーがまったく変わってくるんですよ。

 

>>あなたはどっちのタイプ?乾性フケと脂性フケの見分け方

>>フケが出ている人はどんなシャンプーを使ったらいい?

 

シャンプー剤はまったく違うけど、基本的な洗い方のポイントは同じです。

洗い方のポイントを細かく見ていきましょう(´▽`)ノ

 

 

洗い方のポイント5つ

 

1.ブラッシングは省略したらダメ!

 

正しいシャンプーは、ブラッシングからスタートします(^^)/

まず洗髪前にブラッシングをすることで、髪についた見えない汚れやホコリを落としておくんです。

 

ブラシは目の粗いクッション性のあるもの使うと髪が絡みにくくていいですよ。

クッション性があることでマッサージ効果も期待できます。

 

最初にちょっとブラッシングしておくだけで、シャンプーの泡立ちや頭皮への行き届きが全然かわってくるんですよ。

頭皮にこびりついたフケを浮き上がらせてきれいに洗い流す効果も♪

 

2.お湯はぬるめ。38度くらいがいいよ

 

続いてシャワーで髪を濡らしていきます。

このときのシャワーのお湯は「ぬるま湯」で。

具体的には38度くらいがベストです。

熱すぎるお湯は頭皮に刺激を与えすぎてしまいますから。

 

髪の毛だけじゃなくて「頭皮」を濡らすことをお忘れなく!

ただ濡らしているだけと思いがちだけど、この時点で「素洗い」といって、すでに汚れの大半!80%ほどの汚れが落ちているんですヨ(・o・)!

そう考えると適当にはできない過程ですよね。

 

3.シャンプーは手のひらで泡立ててから

 

さて、ここからいよいよシャンプーの登場です。

素洗いで洗った髪は水気をよく切っておくとシャンプーの泡立ちがよくなります。

ポタポタ垂れない程度まで水を切っておいてくださいね。

 

シャンプーはポンプ式を利用している人が多いと思うけど、ショートヘアでおおよそ1プッシュ(100円玉程度の大きさ)です。

後は髪の長さやシャンプーの種類によって2倍~3倍くらいで調整してくださね。

 

サロンで扱っている上質なシャンプーや、アミノ酸シャンプーなど低刺激のものだと泡が立ちにくい場合があるので、少し多めでもいいと思います。

 

シャンプー剤は、手のひらで泡立てておきます。

泡立ちの悪いシャンプーの場合は泡立てネットを利用するのも◎。

泡立てず直接頭皮につけてしまうとシャンプーが残りやすくなるので注意して。

 

4.指の腹で頭皮をマッサージ

 

ついつい髪の毛ばかりを泡立ててしまいがちだけど、洗うのは「頭皮」ということをお忘れなく!

頭皮が洗えていれば髪の毛も自然と洗えますから。

意識は地肌に集中しましょう!

 

後頭部は特にシャンプーが行き届かないことが多いので意識してくださいね。

 

シャンプーを頭皮につけたらマッサージをしながら洗っていきます。

マッサージは指の腹をつかいます。

この時、力を入れすぎてゴシゴシ洗ってしまうのはNG。

頭皮への刺激が強すぎて頭皮トラブルのもとになります。

気持ちいい~(*ノωノ)と感じる程度の力でもみほぐすようにマッサージしてください。

 

マッサージしながら洗えば血行促進に。

抜け毛予防もできるし、毛穴もキレイになって頭皮トラブルを防ぐことができます。

まさに一石二鳥(^_-)-☆

 

円を描くようにマッサージしたり、ジグザグを描いたり。

これで洗い残しもなく頭皮をスッキリ洗い上げることができます。

 

5.すすぎ過ぎるくらいすすぐ!

 

最後に「すすぎ」です。

実は、ここが一番重要なんです(・ω・)b

ここで適当に終えてしまうと今までのシャンプーの全てが台無しに(/_;)

 

地肌から、よぉ~~~~く洗い流していきます。

時間にすると3分~5分!!!

「えぇぇぇぇ~(@_@)!」って思うかもしれないけど、すすぎ過ぎたぐらいでちょうどいいんです。

特に襟足などシャンプーが残りやすい部分は念入りにすすいでくださいね。

 

髪のぬめりがとれても頭皮にシャンプーが残っていることは意外と多いのでしっかりすすぎましょう。

 

 

洗い方のポイントまとめ

 

なんかいろいろ注意点があったけど、正しいシャンプー方法のポイントをまとめるとこんな感じ。

①ブラッシングで汚れを落とす

②38度のぬるま湯で地肌から素洗い

③シャンプーは手のひらで泡立ててから

④指の腹で頭皮をマッサージするように洗う

⑤3分~5分かけてすすぐ

シャンプーの後は、フケ防止のためにもなるべくすぐに乾かしましょうね。

正しい乾かし方はこちらの記事で。

 

 

コメントを残す